ENTRY
申し込みこちら
ABOUT
「inochi学生フォーラム」とは、ヘルスケアの問題をテーマにした課題解決型実践プログラム。
私たちは2014年-2016年の3年間にわたり、中高大学生対象のヘルスケア課題解決型プログラム 「inochi学生フォーラム」を提供し、これまでに世界6か国約250人が参加しました。
「AEDの使用率 3.7%を改善する」「日本の心臓突然死を減らす」など、私たち市民が一人一人考えなくてはならないヘルスケアの課題を設定します。
講義やワークショップを経て、それぞれのコミュニティーで各自のプランを実行し、その成果を発表します。
今年度は「認知症の社会課題に取り組む」をテーマとし、関西の中高生45名、高専生15名、全国の大学生30名の約90名、約30チームを募集します。
(昨年度は定員の3倍の倍率の応募から参加チームが決定されました。)

見事応募者から採用されたチームは医療・考え方・テクノロジーに関するトップランナーからの講義とワークショップを受講しながら、自分たちらしいアイデアを練り、実際に取り組みます。
その後選考を経て、選ばれた5チームがその成果を発表する「2017inochi学生・未来フォーラム」にてプレゼンテーションを行います。
若者・学生がヘルスケアを変える瞬間がここにあります。
THEME
認知症の引き起こす社会問題の新たな解決モデルを、若者から。
ヘルスケアの課題解決をテクノロジーで。
BACKGROUND
ー世界に先駆け、高齢者の約5人に1人が認知症の社会にー
2015                    2030
JAPAN 517万人     ▶      800万人
THE WORLD 4700万人     ▶      7600万人
高齢化はG7、中国、韓国でも避けられない傾向、世界のトレンド。
2030年には認知症が高齢者の約5人に1人にまで上ると言われている。

そこで顕在化した問題
[認知症の人が自立できる社会システムの欠如]
[排泄の処理や、認知症の人の昼夜逆転生活からかかる介護者への介護負担]
[認知症を診断できる開業医の不足]
[介護師不足]

”モデル作り”が重要と言われるヘルスケアの施策
認知症が引き起こす社会問題の課題解決モデルを、現場の観察、解決策、その解決策を試行してモデルを作る環境が、日本にはあります。

ー親が自分を認識してくれなくなった時、何と声をかければいいのだろう。ー
60歳以上の高齢住民が死亡するまでのいずれかの時点で認知症を発症する確率は 55%と言われている。
(平成26年10月 わが国における高齢者認知症の実態と対策: 久山町研究より)

20年後、30年後、将来において家族が認知症になることは十分あり得ること。
誰が親の介護をするの?自分の仕事は?自分のことを忘れてしまった時何と声をかけるの?
認知症の問題は誰もの身に起こりうる。
大人だけではない、僕たちが考えるべき問題だとおもう。

“テクノロジーの素養” と、”行動できる環境”があるという若者の強み。
日本の、世界の認知症の課題解決に、立ち上がろう若者が。

ー認知症に、立ち向かう。
ー認知症と、共に歩む。
GOALS
早期発見・早期対応される
認知症の人を増やす
<取り組むべき課題例>
「認知症:絶望の病」が社会通念になっている
患者に近い開業医の中で認知症の診断ができる医師が少ない
地方での早期発見・早期対応が遅れている
認知症の人が自立でき、
QOLが保たれる環境を作る
<取り組むべき課題例>
「認知症:絶望の病」が社会通念になっている
お金の管理ができない
食べ物の管理ができない
認知症介護の負担を軽減し、
ケアを充実させる
<取り組むべき課題例>
介助による介護師の腰痛が多い
認知症の人の昼夜逆転生活による介護者が不眠になっている
介護職内での認知症に対する知識の差が大きい
FEATURES
各分野のトップランナーからの
特別講義を阪大、京大にて開催
認知症について、考え方、リーダーシップ等チームでのプラン作成においての基礎を一からそれぞれ専門とされる先生方からワークショップを通して学ぶことができます。
また、テクノロジー、コミュニティー作り、デザインの分野で第一線で活躍されている方とつながることで、皆さんのアイディアを加速させることができます。
会場、登壇者の詳細は下記のスケジュールに記載。
阪大、京大医学部生による
二人三脚のサポート体制
京都大学、大阪大学の医学部を中心とした大学生の綿密な指導によって、みなさんのアイデア実現をサポートします。
チームの進捗確認、パワーポイントスライドの作成、プレゼンテーションなどにも一から支援するので安心して参加することができます。
最先端医療研究施設、最先端技術施設への
無料見学チャンス!
昨年まではiPS細胞研究所・理化学研究所を見学。
普段なかなか見ることのできない最先端の施設で研究、技術開発に携わる方のお話を聞くことができます。
2017年度の見学施設、日時は随時更新!
考案したプランはイベント後に
実現化を徹底支援
考案されたプランの中から優秀なアイデアについては、応援していただける協賛企業により実現化を支援させていただきます。
また、inochi学生プロジェクトとしてもイベント後のプランの実現をノウハウ・コネクションを活かして支援いたします。
SCHEDULE
- 6/11(日)23:59 参加者応募締切 ※参加費無料
右上のリンクより募集要項をご確認の上、フォームに必要事項を記入し、お申し込みください。
中高生チーム、高専生チーム、大学生チーム共に6月11日(日)に応募締切予定です。
- 6/30(金) 参加者決定
参加の可否についてはメールでお伝えいたします。
応募多数の場合、エントリーフォームへの記入内容および必要に応じて面接によって選考致します。
inochi education program
私たちが考える以下それぞれの6つの軸に則して、各分野のトップランナーを招き様々な形式のプログラムを用意しました。
プログラムの形式は、レクチャー/グループワーク/プレゼンテーション/イベント など、多岐に渡ります。

考え方を学ぶ
「WHY:どうして僕たちがヘルスケア・認知症の課題に取り組むのか」
「HOW TO THINK:どのように考えればアイデアをより良くできるのか」
「HOW TO EXPAND:どうすれば自分たちのアイデアが周囲の人、たくさんの人に受け入れられるのか」
最先端の知見を学ぶ
「MEDICINE:医療的な側面で認知症を考えてみる」
「TECH:テクノロジーを駆使した解決策を探る」
「COMMUNITY:人との繋がりを介した解決策を探る」
7/9(日) 2017inochi学生・未来プロジェクト キックオフミーティング @大阪大学
【WHY】【レクチャー】「医療におけるリーダーシップとは」
澤芳樹先生(大阪大学大学院医学系研究科心臓血管外科教授)

【MEDICINE】【イベント】「認知症と闘うアイデア~認知症VR講習~」
下河原忠道氏(株式会社シルバーウッド代表取締役)

【MEDICINE】【レクチャー】認知症サポーター講座
※講師調整中
7/17(月・祝) MEDICINE DAY @大阪大学
【MEDICINE】【グループワーク】「社会における認知症の現状を知ろう」
數井裕光先生(大阪大学大学院医学系研究科精神医学分野講師)
木下彩栄先生(京都大学大学院医学研究科人間健康科学系専攻教授)
繁信和恵先生(公益財団法人浅香山病院 精神科・認知症疾患医療センター長)

【HOW TO THINK】【グループワーク】「デザイン思考のイロハ」
木川田一榮先生(大阪大学大学院国際公共政策研究科客員教授)
7/30(日) CROSS BOUNDARY DAY @大阪大学
【MEDICINE】【レクチャー】「他の国での認知症の取り組み」
茅野龍馬先生(WHO 神戸センター テクニカルオフィサー)

【HOW TO EXPAND】「アイデアをいかに社会へ発信するか」
※講師調整中
8/6(日) 国境なき医師団 × inochi 医療ハッカソン
【HOW TO THINK】【グループワーク】
「ハッカソンを通してプロトタイピングを学ぶ」
八木雅和先生 (ジャパン・バイオデザイン プログラムダイレクター
大阪大学大学院医学系研究科 バイオデザイン学共同研究講座 特任准教授)
8/11(金・祝) COMMUNITY DAY
【COMMUNITY】【HOW TO THINK】
「ヘルスケアの課題解決策としてのコミュニティーデザイン」
※講師調整中
8/20(日) CROSS INNOVATION DAY
【HOW TO EXPAND】「アイデア発想法ワークショップ」
※講師調整中
8/27(日) TECH DAY
【TECH】【グループワーク】
「日本を代表する最先端の技術を持った企業からの技術プレゼン」
「プログラミング、Webシステム作成を実践し、テクノロジーの素養を体感する」
※講師調整中
9/23,24(土・日) 最先端医療研究施設ツアー
【MEDICINE】【TECH】【イベント】
普段なかなか見ることのできない最先端の施設で研究、技術開発に携わる方の
お話を聞くことができます。
9月,10月,11月 メンタリングDAY @大阪大学、京都大学
【ゼミ】【プレゼンテーション】
数週間に一度、中高生、高専生が集まるミーティングイベント。
プレゼンテーションの練習など大学生よりアドバイスを行います。
- 9/3(日) inochi未来奨学金コンペティション
【プレゼンテーション】上位に選ばれたチームにinochi未来プロジェクトより、プロトタイプ作成用の奨学金を用意。
- 10/15(日) 中間報告会
【プレゼンテーション】チームの進捗を共有するための中間発表会を行い、有識者からフィードバックを貰います。
- 11/5(日) 最終選考会
【プレゼンテーション】中高生、高専生、Web投票を勝ち抜いた大学生の合計25チームがプランの成果を発表。
審査よってフォーラム当日発表する中高生、高専計3チーム、大学生2チームが選出されます。
- 11/23(木・祝) 2017inochi学生・未来フォーラム
最終選考会を勝ち抜いた5チームがプランを発表。
最優秀プラン提案チームには、賞金とプラン実現へむけて企業からの支援体制を提供します。